脳梗塞になる前に|健康的な生活スタイルを身につけよう

医者

かかりつけ医をつくろう

聴診器

城東区では、かかりつけ内科医を決めておくと、体調が悪くなった場合でも、すぐ対処することができ便利です。また、日常的に健康の相談にのってもらえたり、より個々に合わせたベストな治療を受けられます。かかりつけ医選びでは、すぐ行ける距離にあること、話をしっかり聞き説明力があること、を重視しましょう。

»詳しく見る

脳の病気を早期発見

医者

脳の病気は致命的で一刻を争うことが多く、治療よりも予防が大切になります。脳の異常を早期に発見するには脳ドックが有効です。京都には最新機器を用いて脳を検査する医療機関が多く、人間ドックと組み合わせて受診する方もいます。

»詳しく見る

症例数の多い医師に相談を

先生

聴神経腫瘍は脳腫瘍の一種で、脳幹と小脳の間の神経や血管の多い場所にできます。そのため、手術を急ぐより経過観察を慎重に行い、治療が必要になった際も放射線治療がまず行われることが多くなっています。腫瘍の大きさや位置によっては外科手術が必要となります。

»詳しく見る

万全な予防策

脳梗塞を予防する方法があります。日常生活の中に発症リスクを高める要素があるので、こちらを要チェックです。

健康的な生活スタイル

サラリーマン

脳梗塞発症の大きな要因となるのが、動脈硬化です。動脈硬化によって、血管の一部に狭窄が生じます。狭窄した場所は当然、血液と一緒に流れてきた血栓が詰まりやすい状況になっています。また、狭窄が極度に進行し、やがて血管を塞いでしまうこともありますので、動脈硬化が脳梗塞発症の大きな要因となるのです。その動脈硬化は、高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙等が原因で起こります。これらは、日常生活と密接に関係しています。喫煙は当然のことですが、高血圧や糖尿病、脂質異常症も食事や運動不足、ストレス等といったことが原因となりますので、動脈硬化の予防・改善、ひいては脳梗塞の予防には健康的な生活スタイルが必要だと言えるのです。もし、1つでも思い当たる節があるのならば、即刻、改善すべきです。

医療機関を受診すべき

とは言っても、健康的な生活スタイルというのは、言わば、民間療法ですので、必ずしも効果があるとは限らないものです。すでに動脈硬化がかなり進んでしまっていることも考えられますし、また、動脈硬化以外の脳梗塞発症リスクがあることも考えられますので、一度、医療機関を受診することが賢明だと言えます。とりわけ、動脈硬化は加齢に伴い進行するものですし、また、知らず知らずに健康を害していることもありますから、ある程度の年齢に達しているのならば受診すべきです。医療機関を受診すると、まずは検査が行われることになります。その検査で脳梗塞発症リスクが発見されたのならば、治療が開始されます。治療は、薬物療法が一般的です。何が発症リスクなのかによって薬は異なりますが、血液をサラサラにする薬等が処方されることとなります。その薬を服用しつつ健康的な生活スタイルを守れば、脳梗塞の発症リスクは大幅に軽減されます。